ウイルスの中にはパソコンを使ってる人に気づかれないよう、のっとりやWebカメラによる盗撮を密かに行うものもあります。ビジネスでもプライベートでも同様に事件が起きています。

IPA制作のサスペンス調のドラマを通してウイルス感染の脅威と犯行の手口、その対策を学べます(映像時間:10分)

攻撃の手口

標的型攻撃 添付ファイルからの感染

関係者を装ったり、相手を信用させる内容のメールに、ウイルスを仕込んだ添付ファイルをつけて標的企業に送る

ウェブでの感染

興味をひかせる文章や内容でウイルスが仕込まれたサイトのURLをくりっくさせ、ウイルスに感染させる

パソコンのウェブカメラを遠隔操作すれば、会議の時のホワイトボードも読み取れる

プログラム実行による感染

ブログやメールなどで紹介されたソフトウェアなど実行することにより感染させる

問題点と対策

  1. ソフトウェアの脆弱性を放置した
  2. ウイルス対策ソフトが最新でない
  3. 不用意にプログラムを実行した

ウイルス感染対策

ソフトウェアを最新状態に

MyJVN が提供するセキュリティチェック機能は、お使いのPCやサーバにインストールされたソフトウェア製品やシステムの設定が、危険な状態になっていないかを確認します。

MyJVNバージョンチェッカ

ウイルス対策ソフトの導入・更新

  • 新しいウイルスに対抗するために対策ソフトも改良される
  • 常に最新の状態でないと役に立たない

添付ファイルを確認する

  • 製造元がはっきりしないプログラム
  • アイコン偽装した実行形式ファイル
  • ファイル名を偽装した実行形式ファイル
  • 細工されたPDF、ZIP、WORDなど