貴方のパソコンを通じて会社の情報が流出してしまう前に

騙しのテクニック

  1. 差出人としては、官公庁や取引先などの信頼されている人を装う
  2. 興味を引くような件名でメールを開かせ、信用させる内容の本文で添付ファイルを開かせたり、Webサイトのリンクをクリックさせるなど、実に巧妙

脅威の標的型メール

ウイルスが仕込まれた添付ファイルを開くことによってウイルス感染し、パソコン内の情報が漏えいし、ネットワークを通じて外部にばら撒かれる、と言った危険性があります。

普段から組織的な対策が必要

  • OSやアプリケーションは常に最新版にしておく。
  • ウイルス対策アプリの導入と最新化。
  • 添付ファイルが実行形式の時は開かない。PDFファイルなどにプログラムのアイコンを変更して騙すケースがあります。
  • 差出人のメールアドレスは十分確認したり、知らない人からのメール、疑わしい内容、要注意です。差出人に確認できる場合は確認してからメールを開きましょう。


(制作:IPA)