スマートフォンを狙った悪質なアプリケーションや手口がどんどん増え続けています。 そんな重要な情報流出を防ぐための、スマホのセキュリティ対策アプリです。

スマホのアプリを使うかどうかって自己責任なんだって?

スマホのアプリを使うかどうかって自己責任なんだって?

アンドロイド(Android)のアプリはGoogle Playといわれるマーケットで販売されますが、ここは実質無審査に近い状態で公開まで出来ます。
スパムだって公然とアップされているのが実態です。
アプリがアップされてからスキャンするといた事後の対応が背景にあります。

Androidの致命的欠点

なんでこんなことになってるんでしょうか?
問題点をいくつか見ていきましょう。

利用が急激増加

近年スマホの利用hさが急激に増えました。
子供から大人まで、携帯電話を持ってた人はスマホへ、新しく買う人もスマホを、という具合で、セキュリティの問題なんて全く気にしてないのです。

Androidアプリはフリーな世界

iPhoneはAppleが人海戦術で審査をしていますので、審査が通らないと公開できません。
でも、アンドロイドは基本的に公開フリーでどんなアプリでも勝手に配布出来ちゃいます。
アプリの公式配布サイト「Google Play」の審査も甘めです。

インストーラも変だし

アンドロイドアプリをインストールする時の画面遷移はちょっと変です。

Androidアプリでは、インストール時にどのようなデータにアクセスするか、どんな動きをするのかという「アクセス許可」の画面があります。しかしこの画面の構造、インストールまでの画面遷移に問題があるのです。
「アクセス許可」の確認をせずに「同意してダウンロード」が出来ます。というか「アクセス許可」なんて誰も見てないでしょうね。

 

『セキュアカーテン』はコチラからお求めください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © Keyware Solutions Inc. All Rights Reserved.